Blog&column
ブログ・コラム

の注意点は?

query_builder 2022/03/08
コラム
30

を持っている人なら、一度は行ったことがある「洗」。
しかし正しい洗方法を守らないと、に傷が付いたり、劣化を早めてしまったりします。
そこでこの記事では、洗の注意点について解説していきます。

▼手洗いで洗する際の注意点
手洗いで洗する際は、以下のことに気を付けましょう。

■タイヤから洗う
まずはタイヤ(とホイール)部分から洗います。
タイヤ部分は油や汚れが多く付着しているため、洗の後半で洗ってしまうと、汚れがボディに飛び散る恐れがあります。

またタイヤ部分には長時間洗剤を付けないようにすることも大切です。
タイヤの奥には「ブレーキローター」という円盤型のパーツがあります。
この部分は錆びやすいので、可能な限り水を当てないように注意しましょう。

■ボディの洗は水で洗い流してから
ボディをスポンジなどで洗う前に、まずはホースやシャワーの水で全体を洗い流しましょう。
目では見えないような砂やホコリ、花粉などを落とせます。
この作業を行なわないと、ボディ表面にスポンジを滑らせた際に砂を巻き込み、ボディに傷が付く恐れがあります。

■曇りの日に行う
「晴れた日は洗日和」と持っている方も少なくないと思います。
しかし最も洗に適しているのは「曇りの日」です。
晴れの日は洗剤や水が乾いてシミになりやすいのです。
雨や風の日も、ボディが汚れてしまうので避けましょう。

▼まとめ
はじめは注意点があって難しいと感じるかも知れませんが、慣れると自然に洗できるので心配しすぎる必要はありませんよ。
熊本市にあるアールズポリッシュは、ガラスコーティングを中心に行っているお店です。
ガラスコーティングは愛を汚れから守り、洗の際も汚れが落ちやすくなります。
「洗を楽にしたい」という方は、ぜひお気軽にご相談ください。

NEW

  • 熊本市でアメをコーティングするなら

    query_builder 2021/09/29
  • フロントガラスに油膜が張る原因とは?

    query_builder 2022/09/15
  • の筋汚れを防止するには?

    query_builder 2022/09/01
  • の水垢汚れに効果的な対策とは?

    query_builder 2022/08/15
  • の塗装劣化の原因とは?

    query_builder 2022/08/01

CATEGORY

ARCHIVE